スマルナのピル・アフターピルは値段が高い?料金を比較してみた

ピルは毎月使う、もしくは緊急で入用になるものだからこそ、出来るだけ安く済ませたいですよね。

そんな方の中には、オンラインで診察・ピル購入の可能なスマルナが気になっている方も多いはずです。

そこで、スマルナ利用者である私(当ブログ管理者の妻)が、他サービスとの値段を比較してみました。

病院やネット通販とピルの値段を比較しているため、スマルナの価格設定が適正か判断しやすいかと思います。

スマルナの料金体系

スマルナの利用画面まとめ
公式情報ページ

スマルナのピルの料金には、診察や再診、送料などの費用がすべて含まれています。

また、アプリ自体も無料でダウンロードでき、何か費用が発生することはありません。

そのため、下記の料金以外に費用が発生することは無く、想定以上にお金が必要が無いので安心です。

値段
低用量ピル3,800円~5,600円
超低用量ピル6,800円〜10,500円
中用量ピル7,000円
アフターピル9,980円〜12,000円

一応、各ピルによって値段が異なるため幅がありますが、この幅を出ないと分かっているのは安心です。

また、ピルは医師と相談した上で決めることができ、購入しないという選択肢も取れます。

高いピルを買わされる、購入を強制されるということは無いので、安心してください。

保険適用は出来るのか

残念ながら、スマルナでは保険を適用してピルを購入することが出来ません。

とはいえ、病院でも保険が適用できるのは、月経困難症や子宮内膜症と診断された場合に限ります。

そして、上記のように病院へ行った方が良い症状の場合は、スマルナでも病院を勧められます。

まずは遅い時間や土日でも自宅で相談できるスマルナを利用し、医師の指示に従うのも良いでしょう。

支払い方法について

スマルナではクレジットカードとNP後払い(コンビニ後払い)を選択することが出来ます。

また、薬のプランによっては代引き、お振込みでの支払いにも対応できるとのこと。

クレジットの利用履歴に残したくない方やNP後払いの請求書が嫌な方は相談してみましょう。

アプリ内からチャットで簡単にカスタマーサポートへ相談でき、対応も非常に丁寧でした。

手軽さ秘匿性対応薬数家族に対しての秘匿性備考
クレジットカード請求書を開けられない限り大丈夫
NP後払い請求書を開けられない限り大丈夫
代引き時間を指定しても幅がある
お振込み確実だが面倒

スマルナの評判を見る

ネット通販にかかる費用

ネット通販にかかる費用

次に、ネット通販の場合にかかる費用ですが、実際には輸入代行にかかる費用になります。

理由は、無診察でのピル販売が日本の法律で禁止されているから。

そのため、輸入代行を利用して自分で海外から購入するしか、ネットで購入する方法が無いのです。

そして、輸入代行にかかる費用は下記の通り。

価格
低用量ピル1,500円前後
アフターピル3,000円前後

送料が別にかかる場合もありますが、基本的には最も安い取得方法と言えるでしょう。

しかし、輸入代行にはデメリットが存在し、個人的には全くおすすめできないため、その理由を説明していきたいと思います。

ネット通販のデメリット

先ほども述べた通り、日本では無診察でのピル販売が禁止されています。

そのため、ネットで購入できるピルは全て、輸入代行を利用する方法になります。

しかし、医薬品というのは非常に偽物が出回りやすく、見た目では判断できないものまであります。

質が悪い場合には体調不良に繋がる可能性が高いため、口に入れる物でリスクを取るのは止めましょう。

輸入代行の信頼性

ネットを探すと安全にネットで購入する方法として、輸入代行注文サイトを紹介するサイトもあります。

しかし、よく読んでみてください。その輸入代行が安全である根拠が書かれていますか?

輸入代行業者は偽物を掴まされたところで責任を追う必要がありません。

そもそも、事が起きてから責任を追ってもらった所で、何の意味があるのでしょうか。

輸入代行サイトのピル口コミ画像だが、そもそも男性側の口コミも含まれる

サイトに記載されている口コミも信じてはいけません。自分のサイトの口コミくらい操作できます。

また、その人はたまたま本物が仕入れられたかもしれませんが、あなたの場合はどうか分かりません。

安いからこそ心が揺らいでしまうこともあるでしょう。しかし、大切なことなので、長い文章で説明しました。

個人でピルを選択する危険性

ピルも絶対に安全な医薬品という訳ではありません。医薬品である以上は必ず副作用が存在します。

そしてピルにも種類があり、効果も副作用も異なります。さらに個人差というものも関わってきます。

だからこそ無診察でのピル販売は日本で禁止されており、服用後も医師への相談が必要なのです。

ネットの不確かな情報や口コミ・人気等で判断せず、必ず専門家である医師に相談して購入しましょう。

スマルナの場合

スマルナの場合、アプリで医師が診察した上で、相談者の意向も聞きながらピルを選択します。

そのため、国内で許可され、医療機関へ適切な経路で納入されたピルを処方できるのです。

偽物を掴まされる心配はありませんし、ピルの選択を間違えることもありません。

もしもピルが合わない場合も、専門家への相談ができるようになっているので安心できますね。

ピル外来(病院)の場合にかかるお金

病院の医師

最後に、病院でピルを処方してもらう場合にかかる費用について見ていきましょう。

ピルの値段や診察料は病院や状況によって異なりますが、安い病院だと下記のような料金になります。

料金
初診料1,000円前後
再診料500円前後
低用量ピル2,500円前後
中用量ピル5,500円前後
アフターピル8,500円前後

もちろん安い病院なので、読んでいる方の家の近くのピル外来がこれよりも高くなる可能性はあります。

しかし、スマルナと比べると、初診の場合500円程度、再診の場合は1000円程度安いのも事実です。

病院のデメリット

病院側自体にデメリットはありません。ただ、利用者側としてはデメリットがある場合があります。

それが、移動時間・費用、拘束時間、知り合いに合う可能性です。

家の近くに安くて良い病院があれば良いのですが、その場合は知り合いに合う可能性は上がります。

かといって距離があると、移動に時間も費用もかかり、さらに診察にも時間がかかります。

病院が空いている時間にいける方なら良いのですが、忙しい人に取っては利用しにくいのが現状でしょう。

スマルナとの使い分け

スマルナであれば、土日や遅い時間でも自宅で使えて、登録から購入まで30分程度で済みます。

その分費用が上がりますが、近くに安くて良い病院が無い、忙しいという方には良いでしょう。

一方で、近くに安くて良い病院がある、病院へ行くハードルが高いという方は、病院で十分となります。

うまく使い分ける必要がありますが、スマルナという選択肢が増えたことは、うれしい限りです。

スマルナのピルの値段は高いのか

病院スマルナネット通販
初診料1000円前後
再診料500円前後
送料無し無し有り
低用量ピル2500円前後3800円~1500円前後
中用量ピル5500円前後7000円
アフターピル8500円前後9980円~3000円前後
安全性

結論、スマルナのピルの値段は高いのかについては、「少し高いが抑えられている」といった所です。

日本の法律が変わらない限りはネット購入(輸入代行)にはリスクがあり、選択肢には入りません。

また、家の近くに安くて良い病院があるという方も、わざわざ高いスマルナで買う必要は無いでしょう。

ただ、そうではない方にとって、今までピルの購入は非常にハードルが高いものでした。

しかし、スマルナの登場によって、病院に行く時間がない方でもピルを購入できるように。

スマルナであれば無料で診察が受けられるため、一度診察を受けてから購入を考えてみるのも良いかもしれませんね。

スマルナの評判が気になる方は、スマルナは安全?評判・口コミと使ってみた感想をご覧ください。

関連記事

スマルナは本当に安全なのか、使用者の評判や口コミは気になる所ですよね。実際に、ピルのネット購入は危険という声もあり、スマルナはどうなのか気になる方も多いでしょう。そこで、私(当ブログ管理人の妻)がスマルナを実際に使ってみた[…]

スマルナが安全なのか調べる女性